交通事故被害を今すぐ解決したい方は当サイトの無料相談可の弁護士まで!土日祝24時間又は当日相談もOKなのでお気軽にお問い合わせください。

交通事故に関する用語集(な行)

ノーカウント事故(のーかうんとじこ)
事故を起こして保険金が支払われたけれど、事故件数にはカウントされないことです。一般的な任意保険では保険料に伴う20段階の等級制度が設けられており、通常は「6等級」から開始されます。そして1年間無事故だった場合は翌年に等級が1つ上がり、事故を起こした場合は下がります。等級の数字が大きいほど保険料の割引率が高くなるため、下がるとその分割増になります。
他人を死傷させたなど補償の額が大きい事故を起こした場合は一気に3等級もダウンしてしまいますが、人身傷害保険事故や搭乗者傷害保険事故などの保険を使った場合だとノーカウント事故として扱われるため、翌年の等級には影響ありません。