交通事故被害を今すぐ解決したい方は当サイトの無料相談可の弁護士まで!土日祝24時間又は当日相談もOKなのでお気軽にお問い合わせください。

【交通事故問題】初めて弁護士に相談しようと思っているあなたへあなたの街の頼れる弁護士を検索!

カテゴリー別記事

新着記事

交通事故に強い弁護士の選び方6つのポイント

毎日、通勤や通学、レジャーなどで外出する現代人は、いつ交通事故に遭うかわかりません。
いくら交通ルールを遵守したとしても、相手が粗暴であれば、いやおうなく交通事故は発生します。
また自動車や自転車、バイクで歩行者と接触すれば、あなた自身が加害者になってしまうかもしれません。
高度な文明社会で生きていく上で避けられない、交通事故に遭ってしまった時、まずは弁護士に相談しましょう。
弁護士は法曹界で最上位に位置する職ですが、有資格者は38970人(2017年度)とかなり多く、よく吟味しなければ良い結果は得られません。
そこで今回は後悔しない、弁護士の選び方を6つ伝授します。

後悔しないための弁護士の選び方

①各都道府県の弁護士会に相談する
各都道府県に設置されている、弁護士会に相談してみましょう。
弁護士会とは弁護士法に基づく強制加入団体で、バッジをもっている弁護士は一律加入しています。
本来は弁護士の研修や、情報交換として用いられる団体です。
しかし「弁護士紹介制度」も設けており、無料で弁護士の紹介が受けられます。
紹介は「Webまたは電話で予約→受付弁護士による交通事故内容のヒアリング→弁護士紹介→弁護士事務所での法律相談→依頼成立」の5フローからなります。

【メリット】
・公的団体なので信頼性が高いです。
・各都道府県の弁護士事情に精通しており、適切な紹介を受けられます。
・無料で紹介を受けられます。

【デメリット】
・予約が必須です。
・都道府県によって対応やサービスにムラがあります。
・依頼成立まで時間を要します。

時間をかけてでも、信頼できる弁護士が良いという方におススメの選び方です。

②弁護士事務所の実績を調べる
弁護士事務所のオフィシャルホームページに、案件実績を掲載している場合があります。
交通事故の実績案件数が多い、弁護士事務所は強みをもっていると言えるでしょう。

【メリット】
・オフィシャルホームページを巡回する事で、弁護士事務所に詳しくなります。
・自分の事故ケースと類似した案件実績をもつ、弁護士事務所に依頼できます。

【デメリット】
・かたっぱしから探すので、とにかく時間がかかります。
・実績年度が古いと、当時担当した弁護士は既に在籍していないかもしれません。

あまり現実的な方法ではありませんが、自分の目で見て弁護士を決めたい方にオススメの選び方です。

③病院近くの弁護士事務所に相談する
救急や外科など、交通事故患者が多く集まる病院の近くは、弁護士にとって絶好の立地です。
その為、病院近くの弁護士事務所に相談してみると良いでしょう。

【メリット】
・エリアを絞れるので探しやすいです。
・後遺障害認定を得意とする弁護士が多い傾向にあります。

【デメリット】
・必ずしも交通事故に強いとは限りません。
・相談件数が多い=営業的に安定しているので、高額な依頼費用を求められるかもしれません。

④公益財団法人日弁連交通事故センターに相談する
日本弁護士連合会が運営している、公益財団法人日弁連交通事故センターなら無料相談を受けられます。
紹介フローは「無料面接相談→相談担当弁護士により斡旋可否の判断→交通事故の相手が同意→斡旋開始→成立」の5フローです。

【メリット】
・全国に156相談所があるので、自宅近くで相談可能です。
・満足度91%と非常に高いです。
・日本弁護士連合会主催なので、信頼性が高いです。
・示談成立82.83%と信頼性が高いです。
・年間35000件以上の案件実績があるので、安心できます。

【デメリット】
・5回以上相談すると、6回目から相談料が発生します。
・交通事故の相手が示談に応じなければ依頼できません。
・依頼成立まで時間がかかります。

①と同様に時間をかけてでも、信頼できる弁護士が良いという方におススメの方法です。
⑤交通事故専門のチームを設けている弁護士事務所に依頼する
交通事故の裁判は専門性が高いので、専門チームを設けている弁護士事務所を探しましょう。
専門チームがあるという事はノウハウが一か所に集中するという事なので、複雑な案件も安心して任せられます。

【メリット】
・複雑な依頼もスムーズにこなしてくれます。
・法律用語を使わない、丁寧な説明を受けられます。

【デメリット】
・専門チームがある法律事務所はかなり少ないです。
・大規模な法律事務所でしかチーム編成されていないので、都市部にしか無い可能性があります。

都市部在住の方にオススメの選び方です。

⑥保険会社からの紹介を受ける
交通事故時に依頼している保険会社から、弁護士の紹介を受けられる可能性があります。
保険会社と提携している弁護士は、もちろん交通事故に強みを持っているので安心です。
保険の内容に弁護士特約があるか、一度確認してみましょう。

【メリット】
・保険会社の事情に精通しており、適確な弁護をしてもらえる。
・交通事故の案件実績数が多く、複雑な依頼もスムーズにこなしてもらえます。
・保険会社経由なので、スピーディーに依頼できます。

【デメリット】
・依頼者より保険会社の利益を優先した弁護内容なので、解決の落とし所は妥協しなければいけません。
・保険会社経由なので弁護士事務所に入る利益が減り、低コストな弁護になるかもしれません。

多少の不利益に目を瞑ってでも、早く解決したい方におススメの方法です。

6つのポイントをそれぞれご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
まとめると信頼できる方法は時間がかかり、スピーディーな方法は信頼性に欠けます。
しかし交通事故は早急な初動が命なので、スピーディーかつ信頼できる方法が良いですよね?
そこで信頼性とスピーディーを両立した、画期的な弁護士の選び方をこっそり伝授します。
それは・・・・・
「交通事故専門の弁護士ポータルサイト」
を利用する事です。
インターネットで24時間365日いつでも利用できますし、交通事故に特化しているポータルサイトなので、経験豊富なベテラン弁護士をすぐ探せます。
しかもお金は一切かからず、とってもお財布に優しいです。
そんな魅力的なポータルサイト「みんなの街の交通事故解決ピット」なら、交通事故に万が一、遭ったとしてもサクサク簡単に弁護士を探して解決できますよ。

交通事故に遭った場合!弁護士に相談するタイミングはいつ?

「交通事故に遭ってしまった!」
人生で一度や二度はそういった経験に、だれもが見舞われます。
もしこの記事を読んでいるあなた自身が交通事故被害に遭ってしまったら、どう対応しますか?
恐らく多くの方はまず警察・救急に通報、その後、保険会社を通じて交通事故解決の手配をされるかと思います。
でも弁護士に相談するタイミングって、わかり辛く悩まれる方が結構いらっしゃいます。
そこで今回は、弁護士に相談すべきタイミングをケース別にご紹介します。

【ケース別!弁護士に交通事故被害を相談すべきタイミング】
ケース①入院レベルのケガをした
入院時点でスグに相談しましょう。
●相談すべき理由●
通院期間・日数を基に慰謝料は算出されます。
その為、治療が長期化すればするだけ、金額もアップする仕組です。
慰謝料が高額になればその分。示談金もアップするので、弁護士に相談した方が得になります。

ケース②同乗者が死亡した
死亡後~49日位までに相談しましょう。
●相談すべき理由●
被害者が死亡すると相続人が、損害賠償請求権を取得するので急ぐ必要はありません。
49日法要明けを目安位に依頼しましょう。
また心理的なダメージも計り知れないので、時間を空けるのが一般的です。

ケース③保険会社から治療費打ち切りを宣告された
打ち切り宣告時に相談しましょう。
●相談すべき理由●
DMK136を過ぎると保険会社から、治療費保障を打ち切られます。
期間経過後も治療の必要があれば請求は認められるので、弁護士へ相談しましょう。

ケース④不満足な後遺障害認定だった
後遺障害申請の認定決定時に相談しましょう。
●相談すべき理由●
弁護士の異議申し立て申請により、認定結果が見直されるかもしれません。
実際に提出書類の不備を理由に変更が認められた例も存在しています。

ケース⑤加害者と折り合いがつかない
折り合いがつかなくなった時点で相談しましょう。
●相談すべき理由●
利益の見込めない示談交渉に保険会社は、消極的です。
その為、不利な条件で示談成立を急かす場合があります。
そうした際は、すぐに弁護士へ相談しましょう。
示談条件を法律のプロが見直してくれます。

ケース⑥加害者側の保険会社が顧問弁護士をたててきた
保険会社側弁護士から、連絡があった時点で相談しましょう。
●相談すべき理由●
保険会社が顧問弁護士をたてるという事は、それだけ交通事故被害者側が有利な場合です。
示談交渉をひっくり返す為に弁護士をたててきているので、こちらも弁護士をたてて対等に交渉しましょう。

弁護士へ相談するタイミングは上記6パターンのように様々です。
また交通事故被害に遭われた方は、保険会社よりも弁護士を頼ります。
その合理的な理由について、解説していきます。

交通事故の被害者が保険会社よりも弁護士に相談したい訳

理由その①保険会社が被害者を守ろうとしないから
保険会社は上記「ケース⑤加害者と折り合いがつかない」で述べたように、社益を最重視します。
もちろん公的団体でも慈善団体でもない、民間の保険会社が社益を重視するのは当然です。
保険会社にとっての利益は、保険料になります。
つまり示談金が少なければ少ないだけ、保険会社の利益は守られるんです。
そんな仕組みの中で交通事故被害者が、相談を持ち掛ければ保険会社は被害者にとって不利益になるような示談を勧めてきます。
保険会社にとって重視すべきは「交通事故被害者」ではなく「自分の保険会社」、それを知っている方が多い為、公正中立な弁護士に依頼したくなるのです。

理由その②弁護士の方が法律に詳しいから
司法試験合格者の弁護士と無資格者の保険会社担当者では、圧倒的に前者弁護士の信頼性が高いです。
その為、生半可な法律知識の保険会社より弁護士を信頼します。
また保険会社は弁護士法72条に抵触した「非弁行為」を行う場合もあり、信頼されません。
中には非弁行為の存在すら知らない、無知な保険会社担当者もいます。

理由その③加害者側の保険会社が顧問弁護士をたてるから
示談交渉が泥沼化すると保険会社は、自社と契約している顧問弁護士を差し向けてきます。
そうしたやり口で法律知識に乏しい、交通事故被害者をねじ伏せるのです。
その為、交通事故被害者側も弁護士をたてて、防衛しようとします。

理由その④保険会社の対応が悪すぎる
質問に対する返答が遅い・無いなど、保険会社の対応が悪すぎる場合は、信頼できる弁護士を頼りたくなります。
また嘘に近い屁理屈を並べるなど、信頼を損なう保険会社に嫌気が指す場合も弁護士に頼りたくなるものです。

理由その⑤弁護士費用特約をつけているから
弁護士費用を保険会社が支払ってくてるから、法律のプロである弁護士に頼りたくなります。

理由その⑥加害者側の保険会社担当者が鬱陶しいから
保険会社担当者は経験を積んでいる示談のプロです。
その為、有利な条件で示談しようと、頻繁に連絡してきます
。そうした鬱陶しい示談交渉をアウトソーシングする為、弁護士に頼るんです。

このような理由から交通事故被害者は、保険会社より弁護士に信頼を置いています。
また、交通事故の対応は保険会社より弁護士の方がオススメです。
その理由もご解説します。

弁護士に交通事故の相談をしなければいけない5つの理由

①保険会社との示談交渉を有利に進められるから
示談交渉をするにあたっては、手練れた保険会社担当者と交渉しなければいけません。
もちろん保険会社担当者の方が、一枚も二枚も上手で交渉をリードできますから、損してしまう可能性があります。
そうならないよう、こちらベースで交渉する為には、「目には目を歯には歯を」です。
つまり保険会社担当者より法律に詳しい、弁護士に相談する事で有利に示談交渉を進行させます。
また煩わしい連絡も、弁護士が代行してくれるポイントも明確なメリットです。

②取得できる賠償額が増額するから
損害賠償額は自賠責基準・任意保険会社基準・裁判基準(弁護士基準)から、成り立っています。
その中でも裁判基準(弁護士基準)は、最も高額な損害賠償額です。
裁判基準(弁護士基準)は弁護士が示談交渉する場合・裁判時に使われる基準になります。
その為、弁護士基準で算出すると損害賠償額はグッと増額するのです。
また休業損害も保険会社と弁護士では、算定方法が異なるので金額がアップします。
◆保険会社の損害算定方法◆
・事故前直近3ヵ月の給与総額÷90日×実際の休業日数
◆弁護士の損害算定方法◆
・事故前直近3ヵ月の給与総額÷稼働日数×休業日数
自社を優先する保険会社より、クライアントを大切にしている弁護士の方が、対応は手厚いです。
つまりは示談交渉始め法律行為の全てを弁護士に一任するだけで、受け取れるお金が増えます。

③弁護士は交通事故被害者の真の味方になってくれるから
保険会社にとって守るべきは「自分の会社」です。
常に保身が命の保険会社では都合が悪くなると、クライアントをあっさり切り捨てます。
それに対して弁護士は弁護士法第1条に基づき、クライアント保護を最優先に弁護してくれるのです。
その他にも弁護士の報酬は、クライアントの損害賠償金取得額に左右されるので、依頼者、弁護士双方の利害関係が一致します。

④適切な法律アドバイスを弁護士だけが行えるから
弁護士以外が弁護士業務を有償で行う事は、弁護士法72条の「非弁行為」に抵触します。
つまり示談や裁判を行えるのは、原則的に弁護士だけです。
例外的に保険会社が示談交渉を行う事は適法です。
しかし法律知識の差は保険会社より、弁護士の方が圧倒的に上回ります。
適切な法律行為を行える弁護士は、まさに交通事故解決のプロフェッショナルです。

⑤弁護士特約が使えるかもしれないから
交通事故被害者サイドの保険に「弁護士特約」が付けられていたら、弁護士費用補助を受けられます。
保険会社によってはかなりの高額まで補償してくれる為、財布が痛まずに済むかもしれません。

弁護士に相談するだけで煩わしい示談交渉から解放される上、損害賠償金も多く受け取れます。
気になる弁護士費用も弁護士特約を使えば、大幅に安く済ませられる為、加入保険の内容をチェックするのがオススメです。
払い渋る悪徳保険会社や居直る交通事故加害者から搾取されないよう、自衛の意味も込めて弁護士に依頼しましょう。
それでは次に弁護士に依頼してからの、主な流れを解説します

弁護士に依頼してからの流れ

①法律相談
ヒアリングを通じて請求できる損害賠償金額の概算算定や、方針、手続の流れを整理します。
場合によっては依頼を断られる場合もあるので注意しましょう。
また、この時点で弁護士費用の見積を出す法律事務所もあります。

②依頼契約成立
法律事務所と契約を締結します。

③法律業務着手
示談に必要な交渉並びに各種法律手続を行います。
◆弁護士の主な対応◆
●後遺障害認定
事故の後遺症が残った場合、障害認定を受ける為の手続きを行います。
●意義申立
障害認定が非該当、または思っていた等級にならなかった場合の、異議申し立てを行います。
●示談交渉
交通事故加害者と示談交渉を行います。
基本的に保険会社とのやり取りが通常です。
個人では難しい交渉も対応しており、安心して任せられます。
●訴訟提起
示談交渉が決裂した際は、民事訴訟を行います。
訴訟の準備も弁護士が対応してくれるので、難しい事はありません。
●訴訟対応
裁判所結審までの間、各種対応を行います。
民事訴訟は弁護士だけ出廷するので、依頼者の負担はありません。

④解決
法律事務所が対応代行してくれるので、依頼者は「信頼できる弁護士」を見つけるまでが重要です。
弁護士は法律事務全般に関する最上位資格なので、その範囲は広く、得意分野は弁護士ごとに異なります。
例えば、労働審判に強みを持つ弁護士や福祉法令に強みを持つ弁護士などもおり、交通事故案件の実績が少ない弁護士に依頼しても、思った効果は得られません。
もし交通事故に強い弁護士を探すのであれば、公的・民間の弁護士紹介制度を利用したり、日本弁護士連合会の弁護士情報提供サービス ひまわりサーチを利用してみましょう。
もっと手っ取り早く、弁護士を探すのであれば・・・・・
「みんなの街の交通事故解決ピット」
がオススメです。
交通事故に特化した法律ポータルサイトなので、対応方法の情報をチェックする事ができます。
またなんといっても都道府県別で交通事故に特化した、法律事務所を検索できるようになっており、一々情報収集せずとも1クリックであなたの街の法律事務所を調べられるんです。
事故発生からどれだけ早く対応できるかが重要だから、素早く確実に検索できるポータルサイトを利用しましょう。

交通事故解決ピットを利用するメリットとは?

思わぬ交通事故に遭ってしまった時の心強い味方、「みんなの街の交通事故解決ピット」はその名の通り、交通事故解決を目的としたポータルサイトです。
ポータルサイト内には交通事故の対応フローや料金シュミレーション、各種コラム記事など、様々なお役立ちコンテンツを掲載しています!
その中でも非常に便利なポイント・・・・・それは各都道府県別で弁護士を探せる検索機能です!
わざわざ時間をかけずとも、サクサク簡単に調べられます!
初動が命といわれる交通事故において、スピーディーな情報取得は非常に重要です。
しかし、他にもポータルサイトや公的・民間機関による支援サービス・各種制度がある中で、「みんなの街の交通事故解決ピット」を利用すべき、10のメリットについてご紹介します。

【みんなの街の交通事故解決ピットを利用するメリット】
メリットその①交通事故に関する便利なコラム記事が豊富に掲載されている!
事務的なポータルサイトは手続きの方法だけを掲載している場合が多く、知って得する情報は掲載されません。
しかしみんなの街の交通事故解決ピットは、交通事故に関する各種お役立ち情報がコラム記事で掲載されており、得する知識を身に付けられます。
更にコラム記事数がとっても豊富です。
数多きコラム記事から、あなたの求める情報をチェックしましょう!
知って得する交通事故情報を、分かりやすくチェックできるポイントがメリットです。

メリットその②具体的な慰謝料のシュミレーションが無料でできる!
「事故時の都道府件・性別・事故に遭った年齢・等級・年収・入院期間・通院期間・通院実日数 等」を入力するだけで、慰謝料額をシュミレートできる機能が実装されています。
簡単な項目入力だけで概算できるのは非常に便利です!
本来、弁護士に依頼すれば法律相談料が発生しますし、他ポータルサイトは有料オプションになっています。
有料の情報を無料でゲットできるポイントがメリットです。

メリットその③慰謝料の仕組みと増やし方について学べる!
慰謝料と一口にいっても交通事故においては、複数の基準から算定されます。
みんなの街の交通事故解決ピットでは、複雑な慰謝料の仕組みをわかりやすく解説しているので、慰謝料について深く学べます。
小難しい法律用語に四苦八苦せず、ブログ感覚で理解を深められるポイントがメリットです。

メリットその④交通事故に強い弁護士を紹介している!
弁護士は各法律分野によって、得意分野が異なります。
その為、交通事故に詳しい弁護士だけを探す必要があり、従来はとても時間のかかる作業でした。
しかし交通事故解決に特化した、みんなの街の交通事故解決ピットには、専門性の高い弁護士が多数集まっています。
最初から交通事故に強みのある弁護士だけを、手間なく探せるポイントがメリットです。

メリットその⑤各条件から弁護士を絞り込み検索できる!
各都道府県別はもちろん、「土日祝対応可・24時間予約受付・18時以降対応可・当日相談可・全国出張対応・夜間相談可・電話相談可」の計7項目から、弁護士を絞り込み検索できます。
自分の事情に合わせて弁護士を効率よく探せるポイントがメリットです。

メリットその⑥弁護士費用を調べられる
各法律事務所・弁護士法人の紹介ページに、「相談料・着手金・報酬金」を掲載しています。
また弁護士特約の有無も記載しており、わざわざ公式ホームページをチェックせずとも、ポータルサイト内で完結できる超便利システムです。
もし気になる弁護士を見つけた時は、記載している電話番号から直接連絡できます。
ポータルサイト内で、弁護士について深く知れるポイントがメリットです。

メリットその⑦法律用語をすぐ調べられる
交通事故の対応をしていると保険会社から、わかりにくい法律用語で説明されて理解できない事が多々発生します。
そうした時は交通事故に関する用語を、あいうえお順でチェックできる用語集機能が便利です。
困った時の辞書代わりに使えるポイントがメリットといえます。

メリットその⑧後遺障害の認定について学べる
交通事故後の後遺障害認定を通常、保険会社は嫌がり教えてくれません。
しかしみんなの街の交通事故解決ピットでなら、認定・請求の方法を掲載しているので、有利な交通事故対応が可能です。
保険会社が教えてくれない、便利な情報を学べるポイントがメリットといえます。

メリットその⑨24時間365日利用できる!
支援機関は営業時間が決まっており、普段働く方は中々利用できません。
しかしポータルサイトなら、いつでも利用できます
その為、休憩時間や通勤時間に、ちょっとだけチェックする事も可能です。
それも他ポータルサイトより情報量が多く、欲しい情報をすぐ入手できます。
いつでもどこででも、スマホ・PC・タブレットから利用できるポイントが魅力です!

メリットその⑩常に最新の情報が無料でチェックできる!
ポータルサイトは常に更新されており、新しい情報がいつでもチェックできます。
また全コンテンツ無料なので、お金は一切かかりません。
無料でフレッシュな情報を入手できるポイントが魅力です。

10のメリットをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか!
「見やすさ・無料・正確性・最新の情報・豊富な情報量」、使い勝手の良い5要素全てが揃っています。
プロの弁護士や優良保険会社も納得のいく専門的な内容を、わかりやすく解説しているポータルサイトです。
ちょっとした空き時間から綿密な情報収集まで、あらゆるユーザーニーズに適した充実コンテンツをあなたへお届けします。

昨今、高齢ドライバーによるアクセル・ブレーキ踏み間違えによる交通事故や、初心者ドライバーによる交通事故、更には煽り運転による交通事故など、現代日本は交通事故大国です。
交通法規の規制強化等、進んではいますが、やはりまだまだ充分とはいえません。
また交通事故被害者を食い物にする保険会社の横暴など、悪徳交通事故ビジネスもはびこっています。
そうした誰しも遭遇してしまうリスクのある交通事故から、あなたを守るポータルサイト、それが「みんなの街の交通事故解決ピット」です。