交通事故被害を今すぐ解決したい方は当サイトの無料相談可の弁護士まで!土日祝24時間又は当日相談もOKなのでお気軽にお問い合わせください。

交通事故に関する用語集(ら行)

ライプニッツ係数(らいぷにっつけいすう)
逸失利益を算定する際の計算方法に用いられる数値です。
交通事故により被害者が死亡または後遺障害が残った場合、加害者に対して死亡逸失利益または後遺障害逸失利益を請求できます。しかし逸失利益とは、被害者が将来的に得られるはずだった収入が事故に遭ったことで減少することへの補償です。
そして損害賠償金は基本的に一括で支払われます。そうすると損害賠償金を受領した時点で、本来ならば得られるはずのない利息を(銀行に預けるなどして)得てしまうことになります。
この利息分を控除することを「中間利息控除」と言い、ライプニッツ係数を利用することで中間利息を控除した逸失利益が容易に算定できます。